建設鍛冶工事、鳶工事、建築金物工事、鉄骨建て方、ヨウヘキ工事ならイトーテック

イトーテック

サーファポアSurfaPore

建築素材の特性を殺さず、超撥水効果を発揮。

サーファポアの種類

サーファポアC

コンクリート・セメント・天然石などの超撥水&保護
サーファポアC

サーファポアCを使えば、素材の表面が水分を含むことがないので、カビの発生を防ぎ、凍結の心配もありません。
水や湿気をよくはじきながら、表面の「呼吸」作用は保たれます。

サーファポアC
施工方法

その①
サーファポアCのナノ粒子は、素材の微細孔に深く浸透するよう、特別に設計されています。
狭い範囲であればハケで水を塗るように、広い範囲であれば噴霧器で吹き付けた後に、余分な液をハケで延ばすように。
たったこれだけの作業で、素材は生まれ変わります。

その②
セメントを練り込むとき、水の1/3をサーファポアCに置き換えるだけで、全体が撥水するコンクリートに仕上げることができます。

サーファポアR

レンガ・屋根瓦など粘土ベースの超撥水&保護
サーファポアR

サーファポアRは、粘土系素材の水分含有や経年劣化を防止しながら、特有の美しさを保ちます。レンガや屋根瓦を効果的に保護し、見苦しいコケやカビの発生を防ぎます。
サーファポアRは独自の性質により、粘土系素材の構造や表面特性にぴったり合うように設計されています。
サーファポアRを塗布した表面は水をはじき、雨が降っても染みません。

サーファポアR
施工方法

その①
あらかじめ素材表面の汚れをなくしてください。サーファポアCと同様、ハケや噴霧器などで簡単に塗布できます。
余分な材料が残らないよう、十分に延ばしてください。

その②
サーファポアRを容器に満たし、素材を30秒漬け込みます。取り上げたら、余分な液が残らないよう、十分に延ばしてください。

サーファポアT

大理石・タイル・磁器を超撥水&保護
サーファポアT

大理石、タイル、磁器の表面は一見ツルツルですが、顕微鏡で調べると、多数の孔が連なっています。汚れが非常にたまりやすい状態です。
汚れにより表面の輝きは失われ、変色してきます。汚れのすべてを取り去るには相当の努力が必要で、中には取れない汚れもあります。
サーファポアTは簡単に塗布でき、不浸透性の見えないシールドが、これらの建築素材表面の微細な穴さえも塞ぎます。

サーファポアT
施工方法

あらかじめ素材表面の汚れをなくしてください。ハケや噴霧器などで塗布し、15分たったらよく絞った布で磨いてください。
傷つきやすい素材表面には3時間以内に、もう一度繰り返してください。

サーファポアM

大理石・花こう岩・人工石材を防水&保護。さらに油汚れもガード!
サーファポアM

特にキッチンまわりの壁は油汚れに侵されやすく、美観を保つにも、衛生を保つにも、大変な清掃作業を強いられます。
サーファポアMは素材表面に保護膜を形成し、水の汚れだけではなく、油による汚れも防ぎます。

サーファポアM
施工方法

あらかじめ素材表面の汚れをなくしてください。ハケや噴霧器などで塗布し、15分たったらよく絞った布で磨いてください。
傷つきやすい素材表面には3時間以内に、もう一度繰り返してください。
塗布後、7日間は清潔な状態を維持してください。

サーファポアW

あらゆる天然木材・合板の防水&保護
サーファポアW

サーファポアWは、木材の表面特有の性質に基づいて開発されました。さまざまな有効成分を組み合わせて、木材本来の外観を損なうことなく水をはじきます。
サーファポアWは、湿度の高い環境でも優れた効果を発揮します。水をよくはじき、天然木材を腐食から守ります。
また、コーティング剤と違い木材の呼吸を妨げることがないため、内部からの腐食がありません。

サーファポアW
施工方法

その①
あらかじめ木材表面の汚れをなくしてください。サーファポアCと同様、ハケや噴霧器などで簡単に塗布できます。余分な材料が残らないよう、十分に延ばしてください。

その②
サーファポアWを容器に満たし、木材を30秒漬け込みます。取り上げたら、余分な液が残らないよう、十分に延ばしてください。