建設鍛冶工事、鳶工事、建築金物工事、鉄骨建て方、ヨウヘキ工事ならイトーテック

イトーテック

サーファポアSurfaPore

建築素材の特性を殺さず、超撥水効果を発揮。

サーファポアの優れた特徴

脅威の疎水性・超撥水効果

サーファポアを塗布してない状態

コンクリートはまるでスポンジのように、水を吸収してしまいます。これが北側などの日陰の場合、水を吸収したままの状態が長く続いてしまい、水垢やカビなどの温床となってしまいます。
6月などの梅雨時の場合、雨が降ってから3日後には、カビが生え始めてきます

サーファポアを塗布した状態

サーファポアを塗布したコンクリートは水を弾き返します。
水をかけても、まったく変色しません。
素材に水がしみこむのを防ぐことにより、水垢やカビなどの汚れから建築素材を守ります。
新築時の美しさを、長く保ち続けることができます。

建築素材の特性を殺さない

サーファポアはこれまでのようなコーティング剤ではありません。
半分だけにサーファポアが塗布した状態

左の写真を見比べてください。
コンクリートの半分だけにサーファポアが塗布されています。
…が、まったく区別がつきません。

乾いている状態では、塗った部分と塗っていない部分を見分けることは不可能といえます。

水滴を載せた状態

水滴を載せると、塗った部分と塗らない部分の見分けが簡単にわかるようになります。
塗っていない部分には水垢やカビが生じてくるため、いずれは乾いた状態でも見分けることができるようになるでしょう。

水を大量に注いでも、コンクリートがまったく変色しません

ペットボトルで水を大量に注いでも、コンクリートがまったく変色しないことがわかると思います。

サーファポアの1.建築素材の特性を殺さず2.水を超撥水する特性は、これまでの商品には一切なかったものです。

コーティング剤 -これまでの商品-
コーティング剤 -これまでの商品-

これまでの商品はすべてコーティング剤であり、素材の上に層を作ることで水との接触を防いでいました。
そのため、塗った(コーティングした)部分に変色やツヤが出て、見た目が変化するのは避けられません。

サーファポア -ナノテクノロジーが生み出した新しい商品-
サーファポア -ナノテクノロジーが生み出した新しい商品-

サーファポアは素材をコーティングするものではありません。
サーファポアを塗布した部分にはナノ単位の粒子が無数に定着します。
この粒子は人間の目には不可視であり、見た目の変化がありません。建築素材の特性を殺さず、強力に撥水します。

水を浮かせる効果

サーファポアはナノ単位の粒子ひとつひとつが水を浮かせる効果を持っています。これにより表面をコーティングすることなく、水が素材へ浸透するのを防ぐことができます。
専門用語では超撥水とも呼ばれます。サーファポアは超撥水の「高度な撥水性によって面に対して150°を超える接触角で水滴が接する現象」を実現しています。

建築素材を劣化させない

超撥水によりカビや汚れの原因となる水を防ぐ他、建築素材の劣化を防ぐための重要なポイントがあります。

コーティング剤 -これまでの商品-
半分だけにサーファポアが塗布した状態

コンクリートを始め、建築素材の全ては気温の変化によって、まるで生き物のように呼吸しています。
コーティング層は空気の往来を妨げてしまい、素材の内側で生じた湿気などを排出することができなくなります。かえって劣化の原因となってしまうのです。

サーファポア -ナノテクノロジーが生み出した新しい商品-
水滴を載せた状態

サーファポアのナノ粒⼦は空気の往来をまったく妨げません。
素材は自由に呼吸することができるため、サーファポアの塗布による劣化は生じません。

あらゆる建築素材に使用可能

サーファポアはコンクリートだけではなく、レンガ、こて塗り壁、木材、タイルなど、あらゆる建築素材で効果を発揮します。

施工適用範囲が広いため、広い面積の注文を受けやすくなります。
あらゆる建築素材に使用可能

現在、5種類のサーファポアがあります。

サーファポアC コンクリート、こて塗り壁、化粧ブロックなど。 サーファポアC
サーファポアW 木材など。 サーファポアW
サーファポアR レンガ、陶器などの焼き物類。 サーファポアR
サーファポアT タイル、大理石など。 サーファポアT
サーファポアM タイル、大理石などを、油汚れもガード。 サーファポアM
あらゆる建築素材に使用可能

現在ナノフォス社では金属、ガラス、プラスチックのためのサーファポアを開発中です。開発はほぼ完了しており、商品化に向けての研究も進んでいるとのことです。すべての素材に対してサーファポアを使用することができるようになるのも、遠い未来ではないかもしれません。

超撥水する効果が長く持続し、紫外線などのダメージも受けない

サーファポアの原材料

二酸化ケイ素(SiO2) ケイ素(珪素)=シリコン
半導体などの工業製品の他、天然飲料水、化粧品、食品添加物、薬にも含まれている。人体への影響が小さいと考えられているため、食品や化粧品の着色料として利用されている。
二酸化チタン(TiO2) 紫外線の散乱剤として日焼け止め、サンスクリーン剤にも使われる。
水(H2O) 不純物のない、高品質の真水。
人体に有害な物質を一切含みません

サーファポアは原材料が水ベースであり、人体に有害な物質を一切含みません。
たとえ誤飲したとしても、健康を害することがないほど安全です。さらにアルコール溶液を含むコーティング剤と違い、可燃性ではありません。
施工時に不快な悪臭を出すことがなく、安全に取り扱うことが可能です。国際で定められている厳格な認証基準でも、優れた安全性を認可されています。

有害物質を一切含まない

コーティング剤 -これまでの商品-
コーティング剤 -これまでの商品-

コーティング剤は劣化が早く、紫外線や温度の変化などの環境によるダメージも受けてしまいます。5年も過ぎれば建築素材の劣化が目立つようになるため、3~4年ごとには塗りなおさなければなりません。

サーファポア -ナノテクノロジーが生み出した新しい商品-
サーファポア -ナノテクノロジーが生み出した新しい商品-

サーファポアは施工から5年経っても、ナノ粒子の95%以上の定着率を維持します。ブロックなどの施工箇所を清掃しても、劣化しません。
紫外線を散乱させる効果もあるため、ナノ粒子も建築素材も、ダメージを受けることがありません。

サーファポアの原材料のご紹介ときに、どれもが身近な材料だということに気づきましたでしょうか。

ナノテクノロジーは、身近な材料をナノメートル単位で加工し、あらゆる分野で活用する素材に造り替えます。サーファポアとは単純にいえば、身近な材料に特殊な加工を施したものに過ぎません。

ナノ粒子

サーファポアのナノ粒子は、粒子ひとつひとつの周囲に無数のアンカーを取り付け、建築素材に分子レベルで引っ掛けて定着させています。
この粒子が建築素材の凹凸面、また毛細血管のような隙間にまで浸透していきます。

とても安い価格で提供

とても安い価格で提供

これまでのコーティング剤は商品代金、施工費ともにとても高価であり、壁や駐車場コンクリートなどの全てを施工すると、とても大きな出費になってしまいました。
サーファポアは商品代金自体がとても安く、また今日の円高の影響もあり、日本国内では大変お値打ちに提供することができます。
また商品の安全性により、施工費自体のコストダウンを実現できます。

簡単に施工できる

安全性 サーファポアは不燃性の素材であり、有害物質も含まれていないため、安全に施工できます。
使用したい量だけ
使える
これまでの商品は複数の液を混ぜ合わせる必要があり、余った材料は廃棄しなければなりませんでした。サーファポアは原液をそのまま使うので、無駄が一切ありません。希釈する必要もありません。万が一、塗り残しのミスを起こしてしまった場合でも、楽に対応できます。
セメントに混ぜ込む
ことができる
サーファポアをセメントなどに直接混ぜ込むことにより、塗布するよりもはるかに長期間、効果を得ることができます。
保管性に優れている サーファポアは常温で保管できます。
※ただし凍結させてはいけません。

サーファポアのおさらい

  1. 脅威の疎水性・超撥水効果。
  2. コーティング剤ではない。建築素材の特性を殺さない、見た目が変わらない。
  3. 建築素材の呼吸を妨げない。建築素材を劣化させない。
  4. コンクリート、レンガ、木材など、あらゆる建築素材に使用可能。
  5. 有害物質を含まない。万が一誤飲しても健康に害がない。
  6. 施工後5年経っても95%以上の定着率。効果が長く持続する。紫外線のダメージも受けない。
  7. これまでの商品に比べ、圧倒的に安い価格で提供。
  8. 簡単に施工できるため、施工費のコストダウンも図れる。